坐骨神経痛は、腰、お尻、腿の後ろ、ふくらはぎから足の先ににいたる、痛み・しびれ・筋力の低下・感覚の麻痺などの症状です。『歩いたり座ったり』 ということが制限されることが多く、日常生活に大きな支障を来たします。

坐骨神経痛は、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、次に梨状筋症候群が挙げられます。
梨状筋は仙骨(お尻の真ん中の骨)から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋(足先を外に向ける)させる働きがあります。この筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。

高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、脊柱管狭窄症とは腰椎(腰の骨)が老化などにより変形し、脊柱管(神経が通る穴)が狭くなって神経を圧迫し痛みが現れます。主な特徴は"間欠性跛行"という症状で、数分の歩行で両足又は、片足全体に痛み、しびれなどが出現します。しばらく休息をとると再び歩行ができますまた帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。


坐骨神経痛の治療は坐骨神経がどこで圧迫しているのかを詳しい問診・手技によって探し出し、背骨の調整、筋肉の緊張の緩和、姿勢の改善などを行なうことで、圧迫している部分への負担を取り除き、症状の根本原因である骨盤の歪みと腰椎の曲がりやねじれを矯正していきます。
交通事故・むち打ち治療・頚椎捻挫『なかやま整骨院』